Blog&column
ブログ・コラム

大型トラックの「死角」対策について

query_builder 2021/11/23
コラム
6
大型トラックが事故を起こす場合は「死角」によるものが大半です。
今回は、大型トラックをより安全に運転するために「トラックの死角」についてお話したいと思います。

▼大型トラックの死角対策
大型トラックを安全に運転するためには「死角」を意識した運転が必要不可欠です。
トラックの死角には、大きく分けて2つの「死角」があります。

トラックの構造によるもの
・道路の形状によるもの

トラックは車体が大きいため、ミラーには映らない死角がどうしても存在します。
特に車体の左側は死角が大きく、見通しの悪い交差点やカーブは死角が多いので注意が必要です。
このような「死角」となるポイントを充分に把握して運転することが、事故防止のための対策となります。

▼走行中特に「死角」が気になるケース
「左折時」や「交差点・カーブ」は、死角による事故が起こりやすいため特に慎重な運転が求められるポイントです。
そういったポイントではしっかりと確認し、充分に徐行を行いましょう。
また、後退時も死角による事故が起こりやすくなります。
十分な確認や目視を徹底しましょう。

▼まとめ
大型トラックを運転する際は、車体や道路の形状によって「どの部分が死角になるか」を充分把握することが事故防止の対策になります。
左折時や交差点侵入時は、慎重に安全確認を行いましょう。
株式会社サポートシェアでは、的確に運転を行い、安全に配送するノウハウと伝授いたします。
ドライバーとして働いてみたいという方は、一度お問合せください。

NEW

  • 運転疲れの解消法を原因と対策とともに解説

    query_builder 2022/05/15
  • 運転中に眩しいと感じた際の対策とは

    query_builder 2022/05/01
  • 運転中の眠気対策について

    query_builder 2022/04/22
  • 運転中の熱中症対策とは

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE