Blog&column
ブログ・コラム

トラックドライバーの熱中症・暑さ対策とは

query_builder 2021/11/26
コラム
7
気温が高い季節に長時間運転をしていると、熱中症になってしまうリスクがあります。
今回は、ドライバーの熱中症や暑さ対策についてお話したいと思います。

▼ドラックドライバーの熱中症対策
真夏など気温の高い時期に長時間運転する場合は、下記に注意しましょう。

・水分補給
・塩分補給
・こまめな休憩
・朝ごはんをしっかり食べる

急いでいる場合、休憩せずに次の目的地に向かいがちですが、涼しい場所で少し体を伸ばすことも熱中症対策には大切です。

ドライバーの暑さ対策
暑さ対策には、冷却スプレーや携帯用扇風機の使用がおすすめです。
荷下ろしの順番待ちで車内待機を余儀なくされる場合もありますが、周辺への配慮からアイドリングストップを求められる現場も少なくありません。
携帯用の扇風機があれば、エンジンを切っていても車内待機中に涼むことができます。
荷物を降ろしていざ車内に戻ると「運転席が高温」なんてこともしばしば。
同じく順番待ちをしているドライバーがいる際はクーラーが効くのを待っている時間もありませんが、冷却スプレーがあれば素早く体温を低下させることができます。

▼まとめ
気温が熱い時期には、しっかりと水分補給や塩分補給を行い、こまめな休憩を取りましょう。
冷却スプレーや携帯扇風機など、暑さ対策グッズを活用するのもおすすめです。
株式会社サポートシェアでは、大型トラックドライバーになりたい方を募集しております。
丁寧な研修を行いますので、ドライバーとして働いた経験がない方も安心してスキルアップしていただけます。

NEW

  • 運転疲れの解消法を原因と対策とともに解説

    query_builder 2022/05/15
  • 運転中に眩しいと感じた際の対策とは

    query_builder 2022/05/01
  • 運転中の眠気対策について

    query_builder 2022/04/22
  • 運転中の熱中症対策とは

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE