Blog&column
ブログ・コラム

トラックドライバーの「拘束時間」と「休憩時間」

query_builder 2021/12/05
コラム
10
疲れがたまってくると、判断力が落ちてしまい、思わぬ事故を招いてしまう恐れがあります。
事故やトラブルを防ぐために、トラックドライバーは「連続運転可能な時間」や「運転中の休憩時間」について明確に決まってます。
今回は、トラックドライバーの「拘束時間」と「休憩時間」についてお話したいと思います。

トラックドライバーの休憩時間
配送業務を行う場合、連続して運転できる時間は「最大4時間まで」です。
4時間以上運転する場合は「30分以上の休憩時間」を設けることが定められています。
この休憩時間は1回10分以上であれば、分割して取ることも可能で、2時間走行して10分休憩、さらに2時間運転後20分休憩、といった休憩の取り方もできます。

トラックドライバーの「拘束時間」
運転や休憩だけでなく、点検やその他雑務といったトラックドライバーの労働時間のことを「拘束時間」と呼びます。
トラックドライバーの基本的な拘束時間は「1日13時間」で、4時間ごとに30分の休憩を挟めば1日中運転していてもいいわけではありません。
また、この拘束時間のうち、運転する時間は「2日間の合計で18時間以内」となります。
「11時間」運転した次の日に走れるのは「7時間まで」なんです。

▼まとめ
トラックドライバーの労働環境を守るために、運送業界も働き方改革が進んでいます。
拘束時間や休憩時間について細かな規定が設けられており、ドライバーの健康管理を大切にしている会社が増えてきています。
弊社では、一緒に働く仲間を募集中です。
未経験の方でもトラックドライバーのお仕事で活躍できます。

NEW

  • 運転疲れの解消法を原因と対策とともに解説

    query_builder 2022/05/15
  • 運転中に眩しいと感じた際の対策とは

    query_builder 2022/05/01
  • 運転中の眠気対策について

    query_builder 2022/04/22
  • 運転中の熱中症対策とは

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE