Blog&column
ブログ・コラム

トラックドライバーの健康管理

query_builder 2021/12/17
コラム
13
体調が悪い状態で運転をすると、判断力や注意力の低下で事故を招いてしまいます。
健康管理がしっかりとできていれば、体調不良を起因とした事故を防ぐことができます。

トラックドライバーの健康管理
■定期的な健康診断を受ける
健康診断を受けることで、健康上に問題点がないかはっきりさせることができます。
必要に応じて精密検査を受けるなど、自身の健康状態をしっかりと把握しておくことが大切です。
「異常の所見」が見られた場合は、しっかりと医師の診断を受け、「乗車の可否」について指示を仰ぎます。
乗車可能とみなされた場合も、配慮事項をしっかりと確認し、医師の支持を守るようにしましょう。

■乗務前に点呼を行う
毎回必ず乗車前に点呼を行い、ドライバーの健康状態に問題がないか確認しなくてはいけません。
「熱はないか」「腹痛や頭痛を我慢していないか」といったように体調に懸念事項がないかチェックし、不調がある場合は運転業務を行わないようにします。
持病がある方に対しては、運行管理者が「薬を飲んでいるか」「医師の指示を守っているか」など、問題なく業務を行えるか判断を行います。

▼まとめ
定期的な健康診断を行い、乗車前に点呼を行うなど、運送会社ではトラックドライバーの健康状態をしっかりと確認します。
トラックドライバーは多くの現場で活躍できるお仕事です。
技術的に成長していけるようにしっかりとサポートいたしますので、トラックドライバーを目指したいという方は、サポートシェアまでご連絡ください。

NEW

  • 運転疲れの解消法を原因と対策とともに解説

    query_builder 2022/05/15
  • 運転中に眩しいと感じた際の対策とは

    query_builder 2022/05/01
  • 運転中の眠気対策について

    query_builder 2022/04/22
  • 運転中の熱中症対策とは

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE