Blog&column
ブログ・コラム

運転中の眠気対策について

query_builder 2022/04/22
コラム
32
運転中に眠くなるということは日常生活の中で起こり得る場面です。
しかし、眠気を感じたままで運転することは事故を起こす危険性があります。
自分の人生だけでなく他人の人生まで奪ってしまうことになるため、気をつけなければなりません。
そこで今回は、運転中の眠気対策について解説します。

▼運転中に眠気があることの危険性
運転中に眠気が襲ってくる場面は、誰にでも起こり得るもの。
ですが、その眠気を放置することで以下の危険性があります。

■車同士の事故
眠気を感じている場合は、運転操作を誤る確率が高くなります。
そのため、ふとした際に対向車線にはみ出し車同士の事故となりかねません。

■歩行者を巻き込む事故
眠気を感じている際には、突発的な判断能力が著しく下がります。
眠気を感じていない状態では絶対に起こり得ない事故も起こり得るのです。
具体的には、歩行者の急な飛び出し等では、急ブレーキや方向転換を行えば回避できます。
しかし、眠気を感じている状態では、それらができない可能性が高いのです。

▼運転中の眠気対策
では、以下に眠気を感じている際の運転中にできる対策について解説します。

■眠気対策グッズ
眠気を強制的に解消するためには、眠気解消グッズが有効です。
具体的には、眠気対策を謳っているガムや飲料等。
この方法で眠気が解消されない場合は、運転を継続するべきではありません。

■眠気が解消するまで停車する
運転中の眠気対策で一番安全かつ有効な対策は、眠気が解消するまで停車させること。
眠気が起きる原因は、疲れや睡眠不足です。
そのため車内で休憩や仮眠を取り、眠気が解消されるまで停車しましょう。

▼まとめ
以上、運転中の眠気対策について解説しました。
眠気がある中で運転すること自体、非常にリスクがある行為ということを認識しましょう。
そして、有効な対策を取るためにも本記事を参考にしてみてください。

NEW

  • 仕事におけるモチベーションの考え方

    query_builder 2022/07/01
  • 求人の探し方とは

    query_builder 2022/06/15
  • 過信運転とは

    query_builder 2022/06/01
  • 運転疲れの解消法を原因と対策とともに解説

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE