Blog&column
ブログ・コラム

運転中に眩しいと感じた際の対策とは

query_builder 2022/05/01
コラム
33
運転中に眩しいと感じる状態では、前方や運転視野を確保できません。
そのため、前方の車の車間距離や対向車線の車への対応等できず、事故に繋がる危険があります。
そこで今回は、運転中に眩しいと感じる場面での対策について解説します。

▼運転中に眩しいと感じる場面とは
■走行中の車と太陽の位置
運転中に眩しいと感じる場合の殆どが、太陽光が要因と言われています。
特に前方からの日差しは、前方が全く確認できなくなるため注意しながらの運転となります。

■対向車のライト
夜間の運転で眩しいと感じることが多いのが、対向車からのライトです。
車線変更等でハイビーム等を使っている対向車がいる場合など。
車線変更等の運転操作が難しいと感じるためです。

▼運転中に眩しい場合の対策
では、運転中に眩しいと感じた場合はどの様に対策すれば良いのでしょう。
具体例は、下記になります。

■遮光グッズを活用する
遮光グッズの活用が有効な手段の一つです。
サングラスやサンバイザー、窓用のサンシェード等様々あります。
ただし、運転中の場合は、走行や運転操作の妨げにならない物を選びましょう。

■走行する位置を変更する
対向車などの影響で眩しいと感じることは一時的かつ部分的です。
しかし、太陽光に場合は遮光グッズを使用しても位置関係が同じであれば運転操作全体に影響がでます。
そのため、遮光グッズでは長期的に眩しさが解消されない場合、走行する道を変えるなどの対策が必要です。

▼まとめ
以上、運転時に眩しいと感じる際の対策について解説しました。
運転は常に安全な状況下で行わなければなりません。
本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 運転疲れの解消法を原因と対策とともに解説

    query_builder 2022/05/15
  • 運転中に眩しいと感じた際の対策とは

    query_builder 2022/05/01
  • 運転中の眠気対策について

    query_builder 2022/04/22
  • 運転中の熱中症対策とは

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE