Blog&column
ブログ・コラム

運転疲れの解消法を原因と対策とともに解説

query_builder 2022/05/15
コラム
34
運転は疲れるもの。
しかし、疲れた状態で運転することは、事故につながる危険性があります。
そこで今回は、運転疲れを解消する方法について解説します。

▼運転疲れの具体的症状とは
運転疲れというと曖昧ですが、どんな症状なのでしょうか。

■眼精疲労
運転は、他の走行車や歩行者だけでなく、信号・標識・車線等注視する物が山程あります。
そのため、運転では眼精疲労を起こしやすくなります。

■腰や肩の疲労
運転中は、ハンドルやブレーキ・アクセルの操作が基本となり、運転で姿勢が固定された状態です。
長時間の運転ならなおさら。
そのため、腰や肩などに負担が蓄積してしまいます。

■精神的疲労
車の運転は常に事故のリスクがつきものです。
そのため、常に神経を使う行為といっても過言ではありません。
特に、歩行者の急な飛び出しや複雑な車線での車線変更等、常に一定の緊張状態であると言えます。

▼運転疲れを解消する方法
疲れを放置することは、事故のリスクを高めることは言うまでもありません。
以下では、代表的な運転疲れを解消する方法を解説します。

■目に疲れを感じた場合
・目薬を使用する
目薬の使用が有効な手段です。
目の疲れは、かすみの原因にもなるため標識の認識も遅くなる為、対策は必須です。

■腰や肩に疲れを感じた場合
・停車してストレッチを行う
運転中に対策を取ることは難しい為、停車してストレッチをすることが有効です。
外に出て行うことは、密閉空間からリフレッシュ効果も期待できます。

■精神的に疲れを感じた場合
・好きな音楽を聞く
精神的に疲れていると感じた場合には、好きな音楽などで雰囲気を変えてみましょう。
高揚しながら運転することで精神的にリフレッシュできることや負担も軽減されます。

▼まとめ
以上、運転疲れを感じた際の解消法についてその具体的事例と対策について解説しました。
運転は、疲れるものと予め認識しておくことで予め対策を講じることができます。
本記事を参考により安心安全な運転をしていきましょう。

NEW

  • 仕事におけるモチベーションの考え方

    query_builder 2022/07/01
  • 求人の探し方とは

    query_builder 2022/06/15
  • 過信運転とは

    query_builder 2022/06/01
  • 運転疲れの解消法を原因と対策とともに解説

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE