Blog&column
ブログ・コラム

社会保険の負担はいくらなのか

query_builder 2022/08/01
コラム
39
社会保険に加入する場合、いくら負担するかご存じでしょうか。
今回は、社会保険について詳しくお話しします。

▼社会保険の内容とは
社会保険は健康保険・介護保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険の5つをまとめた総称となります。
健康保険・介護保険・厚生年金保険については報酬によって支払うべき金額は異なります。
しかし、これらは会社と被保険者と折半で支払います。
雇用保険は、被保険者の支払う義務としては3/1,000。
労災保険については、全額会社負担となるため、被保険者は支払いません。

▼社会保険の保険料
社会保険料は標準報酬月額と等級によって決められます。
社会保険料表に基づいて、標準報酬月額により決められます。

▼報酬の範囲
標準報酬の対象となるのは、基本給以外にも役職手当や家族手当、通勤手当や住宅手当、残業手当なども含まれます。
さらに年に4回以上の賞与であれば対象となります。

▼社会保険料の割合
社会保険に加入している場合、給料のおよそ28%が保険料として差し引かれます。
これは同じ分だけ会社側も支払う事になるため、半分の約14%を被保険者が支払う事になります。
しかし40歳になると介護保険の支払い義務も発生し32%の保険料がかかり、それぞれが支払うべき保険料は16%ほどの負担になります。

▼まとめ
社会保険料は報酬によって異なりますが、ある程度自分の報酬に対してのパーセンテージで算出できます。
凡そどのくらいの支払い義務があるのかを、知っておくと良いでしょう。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE